誘い出しとナブラ打ちの違い

 誘い出しとナブラ打ちは両方ともオフショアキャスティングなので、何となく同じような気がしますよね??確かに同じ環境でする釣りなので、一緒くたに考えてしまいがちなのですが、実際にやってみると違うものなので、このページではその違いについて紹介してみたいと思います。

ナブラ打ちってこんな釣り

ナブラ

 この写真はちょっと小規模なんですが、実際のナブラを撮ったものです。水面近くにベイトである小魚が追い詰められ、下から青物がバチャバチャとやっている様子です(実際はバチャバチャなんて可愛い音じゃないですがww)

 このナブラを船で探して、探して、ナブラ追いかけて釣るのがナブラ打ちになります。ナブラが消えたら移動、また見つけてはキャストっというのがセオリーの釣りです。食い気ムンムンのところでのみ釣りをするような感じですが、ナブラを見つけられないと釣りができないのが難点です。

誘い出しってこんな釣り

誘い出し

 誘い出しは基本的に水面付近に青物の気配がないところで釣りをします(いや、正確にはまったくないわけではないのですが)。水深はジギングなどで考えるとかなり浅いポイントで、15~40mの水深で、多くはカケアガリのあるポイントだったりします。

 慣れないうちは何もないところで釣りをするような感じなので、我慢を強いられているような気になりますが、チェイスを見つけたり、トップに出る様子を1度でも発見するとテンション上がってキャストしたくなりますよ、笑。

他にも違いはたくさんあります

 誘い出しは基本的にトップウォータープラグを使用し、水面~水面直下で勝負をする釣りです。が、ナブラ打ちは水面~水面直下でも勝負ができますが、そのままフォールさせて表層下でヒットさせることもできるので、ミノーやジグミノー、ジグなんかも使用でき、飛距離の幅が大きく異なります。使えるルアーが違いますので、戦略的なところが根本的に異なるわけです。

Page top icon