シマノの誘い出しにオススメのリール

 シマノのリールで誘い出しにオススメのリールは3機種ありまして、ステラシリーズ、ツインパワーシリーズ、バイオマスターシリーズの3択だと思います。お財布に余裕があるのであれば、ぜひともステラシリーズが良いですが、コスパを考えるとツインパワーかバイオマスターシリーズで十分のような気もします。

ステラSWシリーズ

 シマノのリールの中で最高峰クラスのスペックを持つのがこのステラシリーズになります。お財布に余裕があるのであれば、こちらのシリーズを購入するのが一番安心ですが、お財布には大打撃を与えてしまうほどの価格です。ただ、心地いいほどの巻き心地ですよ^^

シマノ ステラSW 4000XG

 比較的ライトなオフショアキャスティングゲームにオススメのモデルです。ハマチクラス、中型までのシイラなどに最も適したモデルで、ショアジギにも安定して使えます。

  • 巻取り長:95cm
  • 自重:380g
  • 標準巻糸量:1-500/1.5-320/2-210
メーカー希望価格:\89,300
楽天市場での価格
◎Amazonでの価格
Yahooでの価格

シマノ ステラSW 5000XG

 オフショアキャスティングゲームで中型青物辺りをメインターゲットにしたときのスタンダードリールサイズです。ハイスピードで巻取りが可能なので、青物ゲームも楽々楽しめます。

  • 巻取り長:105cm
  • 自重:435g
  • 標準巻糸量:2-350/3-240/4-170
メーカー希望価格:\105,000
楽天市場での価格
◎Amazonでの価格
Yahooでの価格

シマノ ステラSW 6000HG

 メーターシイラを視野に入れた大型ゲームを楽しむなら6000番クラスが必要になってきます。よりスピード感のある釣りをするならこの辺りがオススメです。

  • 巻取り長:103cm
  • 自重:440g
  • 標準巻糸量:2-440/3-300/4-210
メーカー希望価格:\105,000
楽天市場での価格
◎Amazonでの価格
Yahooでの価格

シマノ ステラSW 8000HG

 大型青物、ブリやヒラマサ狙いの誘い出しを中心に考えるのであれば8000番クラスが最も安定的なリールになるかと思います。これ以上のGTやマグロを考えているなら、14000XGなどを検討してください。

  • 巻取り長:107cm
  • 自重:675g
  • 標準巻糸量:3-410/4-300/5-250
メーカー希望価格:\115,500
楽天市場での価格
◎Amazonでの価格
Yahooでの価格

ツインパワーSWシリーズ

 ステラシリーズとほぼほぼ遜色がないと言っても良いレベルにまできているリールの1つがこのツインパワーシリーズです。個人的にはツインパワーが好みで、ステラ1つを買うならツインパワー2つ買う方が良いなぁと思っているくらいのリールです。

シマノ ツインパワーSW 4000XG

 比較的ライトなオフショアキャスティングゲームにオススメのモデルです。ハマチクラス、中型までのシイラなどに最も適したモデルで、ショアジギにも安定して使えます。

  • 巻取り長:95cm
  • 自重:355g
  • 標準巻糸量:1-500/1.5-320/2-210
メーカー希望価格:\49,400
楽天市場での価格
◎Amazonでの価格
Yahooでの価格

シマノ ツインパワーSW 5000XG

 オフショアキャスティングゲームで中型青物辺りをメインターゲットにしたときのスタンダードリールサイズです。ハイスピードで巻取りが可能なので、青物ゲームも楽々楽しめます。

  • 巻取り長:105cm
  • 自重:420g
  • 標準巻糸量:2-350/3-240/4-170
メーカー希望価格:\57,800
楽天市場での価格
◎Amazonでの価格
Yahooでの価格

シマノ ツインパワーSW 6000HG

 メーターシイラを視野に入れた大型ゲームを楽しむなら6000番クラスが必要になってきます。よりスピード感のある釣りをするならこの辺りがオススメです。

  • 巻取り長:103cm
  • 自重:425g
  • 標準巻糸量:2-440/3-300/4-210
メーカー希望価格:\57,800
楽天市場での価格
◎Amazonでの価格
Yahooでの価格

シマノ ツインパワーSW 8000HG

 大型青物、ブリやヒラマサ狙いの誘い出しを中心に考えるのであれば8000番クラスが最も安定的なリールになるかと思います。これ以上のGTやマグロを考えているなら、14000XGなどを検討してください。

  • 巻取り長:107cm
  • 自重:635g
  • 標準巻糸量:3-410/4-300/5-250
メーカー希望価格:\68,300
楽天市場での価格
◎Amazonでの価格
Yahooでの価格

バイオマスターSWシリーズ

 さらにコスパを求めるのであればこちらのバイオマスターシリーズがオススメとなります。オフショアキャスティングで大物がかかることを想定し、長期間使用するなら、耐久性やドラグ性能を考えるとこれ以下の価格帯のリールはあまりオススメしにくいなぁという印象です。ただ、バイオマスターシリーズには6000番台のモデルが発売されていないので、その辺りが欲しい方はツインパワーにいくしかないかも・・・。

シマノ バイオマスターSW 4000XG

 比較的ライトなオフショアキャスティングゲームにオススメのモデルです。ハマチクラス、中型までのシイラなどに最も適したモデルで、ショアジギにも安定して使えます。

  • 巻取り長:99cm
  • 自重:310g
  • 標準巻糸量:1-500/1.5-320/2-210
メーカー希望価格:\29,400
楽天市場での価格
◎Amazonでの価格
Yahooでの価格

シマノ バイオマスターSW 5000XG

 オフショアキャスティングゲームで中型青物辺りをメインターゲットにしたときのスタンダードリールサイズです。ハイスピードで巻取りが可能なので、青物ゲームも楽々楽しめます。

  • 巻取り長:105cm
  • 自重:315g
  • 標準巻糸量:2-350/3-240/4-170
メーカー希望価格:\29,400
楽天市場での価格
◎Amazonでの価格
Yahooでの価格

シマノ バイオマスターSW 8000HG

 大型青物、ブリやヒラマサ狙いの誘い出しを中心に考えるのであれば8000番クラスが最も安定的なリールになるかと思います。これ以上のGTやマグロを考えているなら、10000HGなどを検討してください。

  • 巻取り長:106cm
  • 自重:555g
  • 標準巻糸量:3-410/4-300/5-250
メーカー希望価格:\36,800
楽天市場での価格
◎Amazonでの価格
Yahooでの価格
Page top icon