ダイワの誘い出しロッド

 誘い出しに関してはターゲットがターゲットだけに、専用のロッドがあった方が良いです。っということでこのページではダイワの誘い出しロッドを紹介したいと思います。

 安心感の強いロッドはやはりソルティガシリーズだと思いますよ。

C71MLS・J

ダイワ ソルティガ C71MLS・J

 シイラやカツオ、サワラ、ワラサなど中型青物までの誘い出しに照準を絞ったモデル、近海での誘い出しにオススメの1本です。

 比較的短い長さにまとめられたロッドなので手返しが良く、乗合船など込み合った船の胴の間からのアンダーキャストでもしっかり振り切れるため飛距離も安定して出せます。

 中型青物の誘い出しで多用される60gまでのペンシルやポッパー、シンペン、ジグ、ジグミノ-、そしてジャークベイトまで幅広いルアーをカバーできるのが最大の特徴です。

  • 全長:7ft.1inc.(2.16m)
  • 自重:208g
  • ルアーウエイト:15~60g
  • 継数:2本
楽天市場での価格
Amazonでの価格
Yahooでの価格

ダイワ ソルティガ C74MS・J

 近海オールラウンドな誘い出しロッドで、最初に買うならこのくらいのクラスのロッドからがオススメだと思います。

 乗合船のアンダーキャストからオーバーヘッドキャストまで、どちらでも対応できる長さとバランスがあり、ロングキャスティングも可能。

 70gまでのトップウォーターミノーからジグまであらゆるルアーに対応するオールラウンドパワーモデルです。

  • 全長:7ft.4inc.(2.24m)
  • 自重:240g
  • ルアーウエイト:20~70g
  • 継数:2本
楽天市場での価格
Amazonでの価格
Yahooでの価格

ダイワ ソルティガ C80MS・J

 ブリトップゲームや20kgクラスのキハダ、中型ヒラマサなどをミドル~スモールプラグのロングキャストで誘い出すためのモデルです。

 多くの船に攻められシビアな状況でも、ロングキャストでしっかりルアーを届けることができるのがこのロッドの特徴です。

 柔軟な穂先を持つので、ダイビングペンシルも扱いやすく、粘りあるバットは、体力の消耗を抑えつつ、しっかりとファイトを楽しむことができます。

  • 全長:8ft.(2.44m)
  • 自重:258g
  • ルアーウエイト:20~70g
  • 継数:2本
楽天市場での価格
Amazonでの価格
Yahooでの価格

ダイワ ソルティガ C75MHS・J

 ソフトな穂先にハードなバット、やや短めのレングス設定はマグロやヒラマサ狙いにおいて混み合う船でも取り回しの良さが光る1本。

 アンダーハンドでのキャストも余裕があり、ダイビングペンシルのアクションを生かしつつ、ハードなバットで大型魚の強い走りを受け止めることができる。

 特に取り回しの良さはルアーのアクションを付けやすいのはもちろんのこと、長時間のファイトでも疲れが溜まりにくいことも大きなメリット。

  • 全長:7ft.5inc.(2.26m)
  • 自重:286g
  • ルアーウエイト:40~100g
  • 継数:2本
楽天市場での価格
Amazonでの価格
Yahooでの価格

ダイワ ソルティガ C83MHS・J

 近海ヒラマサ誘い出しゲームのスタンダードモデル、ヒラマサ狙いを中心に考えている方に最もオススメの1本です。

 小型のシンキングペンシルから80g前後のトップウォータープラグまでをメインに繰り広げる近海ヒラマサ誘い出しでは強力な武器になります。

 遠方のナブラを直撃する遠投性能もあり、大物にもタメを効かせた余裕のファイトもできるロッドです。

  • 全長:8ft.3inc.(2.52m)
  • 自重:335g
  • ルアーウエイト:40~100g
  • 継数:2本
楽天市場での価格
Amazonでの価格
Yahooでの価格

ダイワ ソルティガ C82HS・J

 40kgクラスのキハダを仕留めるパワーロッド。誘い出しロッドというよりももはやマグロロッドですね。

 ネジレに強いX45を内蔵したバットとベリーは大型プラグのフルキャストが可能。またしなやかなティップにより繊細なルアーの操作を可能にしている。

 形状復元力に優れた3DXの効果で不意の大物にもタメを効かせたファイトを可能にした。

  • 全長:8ft.2inc.(2.49m)
  • 自重:345g
  • ルアーウエイト:60~130g
  • 継数:2本
楽天市場での価格
Amazonでの価格
Yahooでの価格

過去のシリーズ

 ここから下のモデルは過去に販売していたけど、今は廃盤となったモデルです。

 良い竿だったとは思うのですが、もう売ってません。念のため記録としてここには掲載しておきます。

ダイワ ソルティガ ドラド ALL-ROUNDER 71S・F

 シイラやカツオ狙いで最も使えるロッドで、トップウォーター、ミノー、ジャークベイトからジグまで幅広いルアーに対応できます。

 軽さを生かしテクニカルな釣りをすることができます。メータークラスや5kgクラスの青物とも互角に戦えるモデル。

  • 全長:7ft.1inc.(2.16m)
  • 自重:200g
  • ルアーウエイト:15~45g
  • 継数:2本

ダイワ ソルティガ ドラド POWER-ROUNDER 73S・F

 大型ヒラマサ対応の「ソルティガ C-HIRAMASA 78」のパワーを落とし、ティップを柔かくしたモデル。

 45~70gをメインにした釣りに対応しています。ミディアムクラスキャスティングロッドで15kgクラスのヒラマサやブリまで視野に入れたロッドです。

  • 全長:7ft.3inc.(2.21m)
  • 自重:320g
  • ルアーウエイト:30~90g
  • 継数:2本

ダイワ ソルティガ ドラド CASTING-BLUEBACKER 77S・F

 ミディアムクラスながも取り回しがよく、それでも50kgクラスのマグロにまで対応できるパワーがあるロッドです。

 長時間のファイトも楽になり、バラシを激減するスーパースムーズテーパーが搭載されています。

  • 全長:7ft.7inc.(2.31m)
  • 自重:340g
  • ルアーウエイト:35~100g
  • 継数:2本

ダイワ ソルティガ ドラド METER-OVER 83S・F

 長さを生かした釣りができるロングキャストモデルです。メーターオーバーのシイラや10kgクラスのヒラマサ、メジロ(ワラサ)とも互角に戦い、素早く捕るパワーあるスピニングロッド。

 50g前後のルアーの飛距離は他の追随を許さず、多少船から離れたナブラでも届かせる力があります。

  • 全長:8ft.3inc.(2.52m)
  • 自重:245g
  • ルアーウエイト:20~70g
  • 継数:2本
Page top icon