誘い出しのラインシステム

 このページでは誘い出しのラインシステムについて紹介しています。ラインシステムに関してはしっかりしておかないと大型青物がかかったときに泣きをみます。

誘い出しのラインシステム

 また、細いラインで挑むよりはしっかりしたラインでかけた魚を一気に巻き寄せてしまって次の魚を狙えるようにしておく方が、同船者にも良いかと思います。

 チャーター船で身内しかいない時は細いラインでゲーム性重視でも良いとは思いますけどね^^

ハマチ~中型シイラまでのラインシステム

ハマチ

 むやみに細くしないようにしておけば、まぁ大丈夫なターゲットサイズですが、不意にそれ以上のサイズがかかっても大丈夫なようにしておくことをオススメします。

  • メインライン:PE1.5~2.5号
  • リーダー:ナイロン30~40lb
シイラ

ワラサ(メジロ)~大型シイラまでのラインシステム

 大型青物やメーターシイラがかかっても何とかなる程度のラインシステムにしておくことをオススメします。使うルアーも大きくなるので、ラインが太くなっても飛距離は基本大丈夫。

  • メインライン:PE2.5~3.0号
  • リーダー:ナイロン40~50lb
ブリ

ブリ、ヒラマサ~メーターシイラまでのラインシステム

 この辺りからラインシステムはまったく油断できないものになってきます。しっかりしたシステムにし、ラインが痛んでないかをこまめにチェックしましょう。

  • メインライン:PE3.0~4.0号
  • リーダー:ナイロン60~80lb
マグロ

大型ヒラマサ~マグロクラス以上のラインシステム

 この辺りから上は私個人としては未知の領域でございます。

 ので、釣り雑誌や実際に行ってる方のブログ記事などを参考に書いております。

  • メインライン:PE4.0~12.0号も視野に
  • リーダー:ナイロン100~130lb

YAMATOYO ショアジギング PE1.5号

 個人的に好みで使っているPEラインです。1.5~3.0号まで0.5号刻みで販売されているので、ターゲットにあわせて使い分けられます。

 かなり値段が安価なので、何となく不安もあるかもしれないところなのですが、少なくとも2年くらいは使っていますが、大きなトラブルもなく過ごせています。むしろ思い切って捨てられるラインなので、良いと思いますね^^

楽天市場での価格
Amazonでの価格
Yahooでの価格
Page top icon