シマノの誘い出しにオススメのリール

 シマノのリールで誘い出しにオススメのリールは3機種ありまして、ステラシリーズ、ツインパワーシリーズ、バイオマスターシリーズの3択だと思います。

 正直言うと、プロでもない限り厳密に違いを理解できるとも思えないので、お財布事情でこの3つの内のどれかを買えばいいと思います。

 個人的にはコスパ重視でツインパワーシリーズがオススメかなと思っています。

ステラSWシリーズ

 シマノのリールの中で最高峰クラスのスペックを持つのがこのステラシリーズになります。

 お財布に余裕があるのであれば、このシリーズが一番安心ですが、お財布には大打撃を与えてしまうほどの価格です。ただ、心地いいほどの巻き心地ですよ^^

シマノ ステラSW 4000XG

 比較的ライトなオフショアキャスティングゲームにオススメのモデルです。

 ハマチクラス、中型までのシイラなどに最も適したモデルで、ライトショアジギにも安定して使えます。

  • 巻取り長:95cm
  • 自重:380g
  • 標準巻糸量PE:1-500/1.5-320/2-210
楽天市場での価格
Amazonでの価格
Yahooでの価格

シマノ ステラSW 5000XG

 オフショアキャスティングゲームで中型青物辺りをメインターゲットにしたときのスタンダードリールサイズです。

 ハイスピードで巻取りが可能なので、青物ゲームも楽々楽しめます。

  • 巻取り長:105cm
  • 自重:435g
  • 標準巻糸量:2-350/3-240/4-170
楽天市場での価格
Amazonでの価格
Yahooでの価格

シマノ ステラSW 6000XG

 メーターシイラを視野に入れた大型ゲームを楽しむなら6000番クラスが必要になってきます。

 よりスピード感のある釣りをするならこの辺りがオススメです。

  • 巻取り長:112cm
  • 自重:440g
  • 標準巻糸量:2-440/3-300/4-210
楽天市場での価格
Amazonでの価格
Yahooでの価格

シマノ ステラSW 8000HG

 大型青物、ブリやヒラマサ狙いの誘い出しを中心に考えるのであれば8000番クラスが最も安定的なリールになるかと思います。

 これ以上のGTやマグロを考えているなら、14000XGなどを検討してください。

  • 巻取り長:107cm
  • 自重:675g
  • 標準巻糸量:3-410/4-300/5-250
楽天市場での価格
Amazonでの価格
Yahooでの価格

ツインパワーSWシリーズ

 ステラシリーズとほぼほぼ遜色がないと言っても良いレベルにまできているリールの1つがこのツインパワーシリーズです。

 個人的にはツインパワーが好みで、ステラ1つを買うならツインパワー2つ買う方が良いなぁと思っているくらいのリールです。

シマノ ツインパワーSW 4000XG

 比較的ライトなオフショアキャスティングゲームにオススメのモデルです。

 ハマチクラス、中型までのシイラなどに最も適したモデルで、ライトショアジギにも安定して使えます。

  • 巻取り長:95cm
  • 自重:355g
  • 標準巻糸量:1-500/1.5-320/2-210
楽天市場での価格
Amazonでの価格
Yahooでの価格

シマノ ツインパワーSW 5000XG

 オフショアキャスティングゲームで中型青物辺りをメインターゲットにしたときのスタンダードリールサイズです。

 私個人はこれがオフショアキャスティングでもショアジギでもメインで使用しているモデルで、ブリクラスまでなら難なく上げれてますね。

  • 巻取り長:105cm
  • 自重:420g
  • 標準巻糸量:2-350/3-240/4-170
楽天市場での価格
Amazonでの価格
Yahooでの価格

シマノ ツインパワーSW 6000XG

 メーターシイラを視野に入れた大型ゲームを楽しむなら6000番クラスが必要になってきます。

 よりスピード感のある釣りで、大型ファイトを視野に入れるならこの辺りがオススメです。

  • 巻取り長:112cm
  • 自重:425g
  • 標準巻糸量:2-440/3-300/4-210
楽天市場での価格
Amazonでの価格
Yahooでの価格

シマノ ツインパワーSW 8000HG

 大型青物、ブリやヒラマサ狙いの誘い出しを中心に考えるのであれば8000番クラスが最も安定的なリールになるかと思います。

 これ以上のGTやマグロを考えているなら、14000XGなどを検討してください。

  • 巻取り長:107cm
  • 自重:635g
  • 標準巻糸量:3-410/4-300/5-250
楽天市場での価格
Amazonでの価格
Yahooでの価格

バイオマスターSWシリーズ

 さらにコスパを求めるのであればこちらのバイオマスターシリーズがオススメとなります。

 オフショアキャスティングで大物がかかることを想定し、長期間使用するなら、耐久性やドラグ性能を考えるとこれ以下の価格帯のリールはあまりオススメしにくいなぁという印象です。

シマノ バイオマスターSW 4000XG

 比較的ライトなオフショアキャスティングゲームにオススメのモデルです。

 ハマチクラス、中型までのシイラなどに最も適したモデルで、ショアジギにも安定して使えます。

  • 巻取り長:99cm
  • 自重:310g
  • 標準巻糸量:1-500/1.5-320/2-210
楽天市場での価格
Amazonでの価格
Yahooでの価格

シマノ バイオマスターSW 6000XG

 オフショアキャスティングゲームで中型青物辺りをメインターゲットにしたときのスタンダードリールサイズです。

 ハイスピードで巻取りが可能なので、青物ゲームも楽々楽しめます。

  • 巻取り長:112cm
  • 自重:455g
  • 標準巻糸量:2-440/3-300/4-210
楽天市場での価格
Amazonでの価格
Yahooでの価格

シマノ バイオマスターSW 8000HG

 大型青物、ブリやヒラマサ狙いの誘い出しを中心に考えるのであれば8000番クラスが最も安定的なリールになるかと思います。

 これ以上のGTやマグロを考えているなら、10000HGなどを検討してください。

  • 巻取り長:106cm
  • 自重:555g
  • 標準巻糸量:3-410/4-300/5-250
楽天市場での価格
Amazonでの価格
Yahooでの価格
Page top icon